蜂を退治する手段~安全にできる方法を選ぼう~

蜂を見かけたらやる事~身体を守る防護服の準備~

自治体によっては無料で貸し出しをしている

作業員

蜂による被害は近年急増していますし、蜂は民家に巣を作るケースが多いため、住民の快適な生活を保障するために各自治体では蜂の退治に関する相談を受け付けています。さらに、場合によっては防護服の貸し出しもしてくれます。

自宅の蜂の巣を退治するために、防護服のレンタルをできるんですか?
自治体で防護服のレンタルをする場合、まずは事前申請をする必要があるため、各自治体の住民生活を管轄している窓口に提出しましょう。また、防護服のレンタル自体は無料で行なっている場合もあるので、確認すると良いです。
蜂の巣退治を行なう日が決まってないので予約だけしてもいいですか?
蜂の退治を行なう日取りが決まっていない場合、自治体で事前予約をすることはできません。しかし、防護服の貸し出しなら市役所の業務時間外でも受け付けています。この時、事前に連絡をして在庫の有無を確かめましょう。

まとめ

各自治体では、住民の生活を守るために蜂の退治に関するサポートを行なっています。防護服のレンタルはもちろん、無料で蜂の退治をしてくれる場合や、退治費用が一部負担で済むサービスもあるため、住んでいる自治体に確認しましょう。

退治する前に業者に任せることも検討しよう

蜂の巣が自宅にできた場合、自分で退治をする前にまずは業者への相談を考えるべきです。もちろん、自治体に相談して防護服をレンタルする、無料の駆除サービスを利用するなどしても良いのですが、いずれも専門性が低いために確かな効果が得られない可能性があります。また、自分で退治ができる蜂はスズメバチ以外で、体長が10センチ以内の蜂に限られます。そのため、巣の大きさや蜂の種類を確認して、自分で駆除できないと思ったら迷わず業者に退治を任せましょう。

TOPボタン