蜂の退治に伴う危険〜事前の準備がポイント〜

蜂を見かけたらやる事~身体を守る防護服の準備~

蜂退治に適した服装とは?

自宅に蜂の巣ができた場合、早急に蜂を退治する必要があります。しかし、中にはスズメバチやアシナガバチのように毒を持った危険な種類もいるため、蜂を退治する際は体を守るために安全に配慮した服装を心掛けましょう。 "

プロの業者が使用している防護服の特徴

自分で蜂を退治する場合、まずは顔を守るための道具を準備しましょう。フルフェイスのヘルメットや帽子に被せるタイプの虫除けネットなどがありますが、いずれの場合も急所となる首を守るためにタオルを巻くようにすると良いでしょう。また、胴体部分は防寒服やスキーウェアなど蜂に刺されないような分厚い種類で保護して、露出する手や足は手袋や長靴を装着して守るようにします。蜂の退治を自分で行なう際の基本は、露出は極力避け、袖口から蜂が侵入しないようにすることです。

まとめ

蜂の退治を自分で行なう場合は、防護服を揃えるなど十分な安全対策をする必要があります。自宅に身体を保護できるような服がない、または揃えられない場合は、安全のためにも無理をせずに専門業者に蜂の退治を任せましょう。

毎年20名近く蜂に刺されて亡くなっている(30代後半/男性)

防護服なしで蜂の退治をしようとしたのですが、蜂毒アレルギーによるアナフィラキシーショックで毎年20名近くの死者が出ている事実を知り、安全のためにも業者に蜂の退治を依頼しました。防護服なしでの退治は危険だと思いますよ。

2回以上蜂に刺されると危険です(40代前半/女性)

私の主人が防護服なしで蜂の退治をしようとしていました。でも、主人は一度蜂に刺された事がありますし、2回目以降に蜂に刺されるとアナフィラキシーショックを引き起こす確率が高くなると聞いたので、すぐに止めました。

TOPボタン